沖縄

地方独立行政法人那覇市立病院

地方独立行政法人那覇市立病院の診療科目は、内科/呼吸器内科/循環器内科/消化器内科(胃腸内科)/神経内科/皮膚科/リウマチ科/小児科/精神科/心療内科/外科/呼吸器外科/乳腺外科/気管食道外科/消化器外科(胃腸外科)/泌尿器科/脳神経外科/整形外科/眼科/耳鼻いんこう科/小児外科/産婦人科/リハビリテーション科/放射線科/麻酔科/歯科/歯科口腔外科で、病床は470床で、温かい看護を心がけています。看護部では看護師を考えた3交替または2交替を導入し、子育てとの両立も視野に入れた勤務形態を構築しています。

沖縄県立八重山病院

沖縄県立八重山病院の職員は244人活躍しています。看護師以外の職員と助け合うことも大事にしています。救急病院指定/災害拠点病院指定/保険医療機関指定/へき地医療拠点病院指定/労災保険指定/被爆者一般疾病医療機関指定/助産施設指定/精神保健法指定/身体障害者福祉法指定/年金受給者障害検診病院指定/更正医療指定/第二種感染症指定/臨床研修指定病院(協力型)/心身喪失者等医療観察法に基づく指定通院医療機関/母体保護法指定/応急入院指定病院指定の医療機関であり、厚生労働省から指定された医療において重要な治療を担います。看護部ではワークバランスを考えた3交替を使っています。子育てとの両立も考えた勤務形式を構築しています。

沖縄県立宮古病院

沖縄県立宮古病院に設置されている病床は305床になります。看護師と患者との間の会話を重要視する医療施設です。日本医療機能評価機構による医療評価を受けています。質が良い医療を進めています。

沖縄県立北部病院

沖縄県立北部病院には、327床あり、治療を受ける患者のメンタルサポートも欠かしません。病床が327床設けられています。治療を受ける患者のメンタルサポートも重視しています。沖縄県立北部病院の看護師は217名います。緊張感のある病院内でもアットホームなナースステーション作りに励んでいます。

沖縄県立南部医療センター・こども医療センター

沖縄県立南部医療センター・こども医療センターの診療科目は、内科/呼吸器内科/循環器内科/消化器内科(胃腸内科)/腎臓内科/神経内科/糖尿病内科(代謝内科)/血液内科/皮膚科/リウマチ科/感染症内科/小児科/精神科/外科/呼吸器外科/循環器外科(心臓・血管外科)/気管食道外科/消化器外科(胃腸外科)/泌尿器科/脳神経外科/整形外科/形成外科/眼科/耳鼻いんこう科/小児外科/産科/婦人科/リハビリテーション科/放射線科/麻酔科/病理診断科/救急科/歯科口腔外科が設置されています。病床は434床で、心のある看護活動を行っています。看護体系は7:1を導入し、職に就く看護師のワークバランスを考えた体系を考えています。子どもを育てる看護師に不可欠な託児所はありません。周りの保育所のことも検索してみましょう。

沖縄県立中部病院

沖縄県立中部病院の院内スタッフは790名在籍しています。職員全員で、周辺住民に全般的な医療が行えるよう心がけています。救命救急指定病院/臨床修練指定病院/琉球大学医学部関連教育病院/看護教育実習指定病院/労災保険指定病院/更正医療指定医療機関(口腔、整形外科、中枢神経、心臓血管外科、腎臓、じん移植に関する医療)/臨床研修病院/地域医療支援病院/エイズ医療拠点病院/第2種感染症指定医療機関/人工透析従事者研修指定病院日本医療機能評価機構認定病院/地域がん診療連携拠点病院/日本外科学会認定医修練施設/日本救急医学会専門医及び指導医指定施設/日本呼吸器学会認定施設/日本整形外科学会認定研修施設/日本脳神経外科学会専門などの厚生労働省からの指定を受け、周辺の医療・福祉機関とのチームワークを大事にしています。

宮古島徳洲会病院

宮古島徳洲会病院に設けられている病床は80床となります。看護師と患者の温かい会話を重要視する病院です。宮古島徳洲会病院内の看護師は60名おり、緊張した雰囲気の中にも会話の多いナースステーション作りを心がけています。

石垣島徳洲会病院

石垣島徳洲会病院は、沖縄県石垣市大浜南大浜446-1にあります。49床の病床を保持し、患者とナースとの距離の近い看護にあたっています。労働者災害補償保険指定医療機関/生活保護法指定医療機関/小児慢性特定疾患治療研究事業指定医療機関/特定疾患治療研究事業指定医療機関/結核予防法指定医療機関/被爆者一般疾病医療機関/身体障害者認定医指定機関/救急認定/石垣市生活機能評価事業実施指定機関/船員健康証明/健康保健協会管掌生活習慣病予防健診の指定をされています。周辺医療・福祉施設との関わりを大事にしています。看護部では、v人の看護師がいます。ブランクのあるナースも新卒の看護師も力を生かして仕事をしています。

南部徳洲会病院

南部徳洲会病院は、地域住民に信頼を置かれる病院を担えるよう、近接性を大切にした医療を実行しています。看護部では、看護師255名在籍しており、効率の良い変則3交替の下、温かみのある看護を行っています。外来患者数は480名おり、病院がないと困る患者へ納得の行く看護を担っています。

中部徳洲会病院

中部徳洲会病院では、周辺に住む方たちに信じられる医療機関を考え、近接性を重んじた医療を志しています。看護部は、多くの病院が導入しているチームナーシングの看護方式を活用しており、患者家族との会話を大切にした看護活動を進めています。

沖縄赤十字病院 

沖縄赤十字病院 は、沖縄県那覇市与儀1-3-1に設置され、診療科目は、内科/循環器科/小児科(NICU有り)/外科/整形外科/脳神経外科/神経内科/産婦人科/耳鼻咽喉科/眼科/皮膚科/泌尿器科/歯科・口腔外科/放射線科/麻酔科/リハビリテーション科/救急部/漢方外来です。クランケに適切な診療を目指しています。患者を考えた看護体系7:1で看護に努めています。看護師は患者の様々な症状に合わせて、臨機応変に対応できるよう励んでいます。1日に入院する患者の数は250名あり、入院をする患者のQOLの向上を考えた看護を行っています。

琉球大学医学部附属病院

琉球大学医学部附属病院内において1094人院内スタッフが活動しており、周囲の医療施設と共同し、より優良な医療を心がけています。看護方式はメリットの多い固定チームナーシングを導入しています。看護師は勤務しやすく、治療を有する患者には質の良い医療を行えるような体制を考えています。